河原会計は、税務・会計・各種認可申請の専門事務をトータルサポートしております。
ヘッドライン
  • HOME »
  • ヘッドライン »
  • 税務

税務

消費税改正その5

【軽減税率】生活必需品の消費税率を他の財やサービスの消費税率より低くする税政策を導入する場合、低く定められた消費税率を軽減税率といいます。平成25年12月政府与党は、将来消費税を10%と増税する時に軽減税率制度を導入する …

信義則をめぐる一考察(税務署相談の是非)その3(おわり)

【税務署相談と信義則】 ~前回の続き~ 昭和62年10月30日最高裁判所第三小法廷の判旨で理解できたように、租税において信義則の適用は次のことが検討されなければなりません。 1 信義則の法理の適用は、租税法律関係について …

信義則をめぐる一考察(税務署相談の是非)その2

【信義則】 ~前回の続き~ 民法1②に「権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない。」と規定されています。 この意味するところは「人は相手方の合理的な期待や信頼を裏切っていはいけない」※1ということ …

信義則をめぐる一考察(税務署相談の是非)その1

税は国民の財産権の侵害行為です。だからこそ税は法律の根拠に基づかなければならなりません。すなわち我々は税法に基づき税を申告します。 ところで税法は詳しいですか? だいたい理解されている方も不安なところはあると思います。 …

税務調査その2~国税通則法改正をめぐり

【税務調査手法と租税裁判】税務調査の手法が問われた有名な裁判例である平成12年2月25日京都地方裁判所判決を紹介しましょう。原告である納税者は、京都で衣料品小売業を営む青色申告の事業者です。京都店と唐橋店で事業をしていま …

税務調査その1~国税通則法改正をめぐり~

【税務調査】皆様は税務調査についてどのようなイメージをおもちでしょうか?悪いイメージを抱かれる方もいるのではないでしょう。一方、税務調査の必要性をご認識されている方も少なくないのではないでしょうか。日本国は昭和22年から …

消費税改正その4

【非課税売上】消費税率改正により影響が極めて大きい事業に、居住用不動産賃貸業・介護事業・処方箋薬局・医業他があげられます。これら事業は、非課税売上の割合が大きいという共通の特徴があります。 ここで消費税のシステムを考えて …

婚外子の相続分

【H25.9.4最高裁決定】これまで婚外子の法定相続分は嫡出子の1/2であったが、平成25年9月4日最高裁決定に基づき、嫡出子と同等となった。この決定を受けて平成25年9月5日以降の相続税の申告については、婚外子の法定相 …

賃上げ促進税制

【税制改正大綱】9月30日に政府・与党が合意した税制改正大綱で決定されたものの一つに「賃上げ促進税制」があります(日本経済新聞10月1日朝刊)。正式には「雇用者給与等支給額が増加した場合の特別税額控除(措法42の12の4 …

消費税改正その3

【消費税のシステム】2014年4月1日以降消費税率が5%から8%に引き上げることを、政府与党内調整で決着しました(2013/9/20日本経済新聞朝刊)。消費税増税は、最終消費者である国民の可処分所得を減少させます。では、 …

Page 2 / 3123
Copyright © 河原会計事務所 All Rights Reserved.