【経過措置】平成26年4月1日以降のモノの値段について、消費税率が8%となります。いわゆる資産の譲渡等の日が、平成26年3月31日までであれば消費税率が5%でありましたが、平成26年4月1日以降からは消費税率が8%となります。ところで、この規定には経過措置があり、その一つに「工事の請負等の税率等に関する経過措置(改正法附則5③)」があります。
上述の通り、消費税率が8%に変更される日は平成26年4月1日です。しかし、次の条件の全てに該当すれば、資産の譲渡等の日が平成26年4月1日以降であっても、消費税率は5%です。
条件1 「測量、地質調査、工事の施工に関する調査、企画、立案及び管理並びに設計、映画の製作、ソフトウェアの開発その他の請負に係る契約」であること
条件2 「仕事の完成に長期間を要し」かつ「(目的物の引渡しが一括して行われることとされているもの)で(その内容につき相手方の注文が付されている※)」こと
※つまり、自社の都合により、仕事の完成に長期間を要するものは除かれます。
条件3 「平成25年9月30日までに契約」すること
条件4 「平成26年4月1日以降に引渡す契約」であること
条件5 「経過措置の適用を受けることを相手方に書面で通知」すること
消費税_改正